ホーム > 現金化 > Amazonギフト券買取の仕組み

Amazonギフト券買取の仕組み

この記事では実際に自分が紙面製の、従来型のアマゾンギフト券を買取店(質屋店)に売却をした過去の話を交えながら、Eメール形式のものの買取依頼のやり方なども含めた、話を進めていく内容になっています。本当に紙面仕様のものとEメール形式、ネット表示型、それぞれ買取依頼のやり方や扱い方が異なる面が少なくありませんので、それぞれ触れていくようにします。

 24時間営業のアマゾンギフト券買取サイト

これは今から約4年前の事になりますが、当時はまだアマゾンギフト券の種類で紙面製のものが扱われていた時代でもありました。

そしてそれを、自分が普段使用しているスマートフォン端末の契約更新時において、たまたまキャンペーンをしていた際に約4千円分の紙面ギフト券を貰い、それを当時の携帯ショップ近くにあった質屋店さんで店頭へ赴き、買取依頼をしたような形でした。

 

その当時はそこの質屋店では、約70%台後半から80%台前半あたりでの買取換金率でした。原価が約4千円でしたので、そこは確か、3600円程度で買取をしてくれたような記憶があります。

割と高い換金率での売却が出来ましたので、紙面製のブランドもののギフト券類などは、経験からすると、店頭持ち込みの方が行い易いような感じがします。

 

ただ、Eメール形式のものやネット画面表示型のものの場合、店頭換金依頼などでは扱えない店舗換金業者などもある事が多いので、この点に注意が必要です。

事実、私が紙面製のものを換金出来たところの店舗は、原則として紙面製のもの以外は受け付けないような事業者でしたので、必ず店舗事業者の場合でも事前の買取内容の確認は必須と言えます。

 

どちらかと言えば、これも私自身による売却依頼の経験からの話になりますが、Eメール形式その他の現物形態以外のものの場合には、オンラインでの換金依頼を受け付けてくれる換金専門事業者の方が、依頼先としてはのぞましい感じがします。

この場合、オンラインと店舗の両方で買取事業を営んでいるところなどであれば、それだけに無形仕様のアマゾンギフト券類の換金依頼を受け付けてもらえる可能性もありますので、大いに振るって申込みをしたりしていく事は中々、お勧めな面もあります。

 

また、オンラインでの換金依頼を受け付けている事業者の中でも信頼が出来るところがありますので、そうしたオンライン換金専門事業者を利用していく事も、お勧めの1つでもあります。

店舗の存在やオンラインサービスの有無にも関わらず、やはり、比較専門サイトなどを利用して、買取依頼に関しての検討をしていく形が、ベストである事は間違いがありません。


関連記事

  1. Amazonギフト券は贈っても便利!貰っても便利

    インターネットで買い物をする人なら大体知っているAmazon。もしかしたら利用し...

  2. Amazonギフト券買取の仕組み

    この記事では実際に自分が紙面製の、従来型のアマゾンギフト券を買取店(質屋店)に売...

  3. 買取査定額UPのキャンペーンを利用して査定に初挑戦☆

    使っているうちに、次々ブランド品が増えていき、その内にまったく使われない不要の物...

  4. いざと言うときのクレジットカード現金化

    クレジットカード現金化は、いざというときに非常に役に立つシステムなので、使いこな...